【エーゲ航空】イスタンブールからアテネ経由ブダペストへ

2016年9月7日

イスタンブールからアテネ経由でブダペストへ移動しました。

エーゲ航空

航空券購入

チケットは1か月ほど前にtripstaで購入しました。
イスタンブール→ブダペストはエーゲ航空が最安で40ユーロでした。
エーゲ航空はLCCではないので機内食はつくことを考えるとこの価格は安いと思います。
ただし、荷物に関してはLCCのような料金体系で、預け荷物がある場合は追加で20ユーロほどかかります。

イスタンブール アタテュルク国際空港の裏ワザ2つ

宿泊していたイスタンブールのベジクタシュからトラムとメトロを乗り継いで約1時間でアタテュルク国際空港に到着です。

まず、改札を出てターミナル方面に向かう通路の左側にあるスーパーに行きました。
なんとこのAirport Marketというスーパー、空港内にありながら価格は町中のスーパーとほぼ同じです!
出発ロビーで買う場合より1/3くらいの値段で買えるので液体など機内持ち込みできないもの以外は極力このスーパーで先に買っていくべきです。
トルコリラを使い切りたいというときにも、ここでお土産など買うといいです。

 

ここから普通ならば出発フロアに向かうところですが、到着フロアから入ることで時間が節約できます。アタテュルク国際空港は警備が厳しく、ゲートだけでなくターミナルに入る際にも手荷物検査が実施されます。出発フロアは長蛇の列で10分かかりそうなくらい並んでいるのですが、到着フロアから空港に入る人は少なく、すぐに検査を抜けることができます。出発フロアの手荷物検査場は6月のテロでも狙われたので、到着フロアからの入場が断然おすすめです。

 

イスタンブール→アテネ

前置きが長くなりましたが、ブダペストに向かうためにチェックインします。預け荷物がなかったので機械でセルフチェックインできました。

11:15、アテネ行きエーゲ航空   A3991便40分遅れでイスタンブール発
機材はA319  でシートは一般的なものでした。

エーゲ航空 機内食

短時間のフライトですが機内食がでました。ギリシャ風のパンみたいなものでした。味はまあまあ。アルコールももらえます。

 

12:55アテネ、エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港着

ここからはシェンゲンエリアに入るので入国審査を受けます。

アテネ入国

世界中から観光客がバカンスに来ていて、EU圏外用のレーンは大混雑、結局30分以上待ちました。

アテネ空港

ブダペスト行の便まで待ち時間がまだ3時間あるので空港内を散歩します。

アテネ空港博物館

ミニ博物館のようなものがあり、空港付近から出土した物品や第一回近代オリンピックの写真が展示してありました。無料のわりには結構見ごたえのあるものでここで時間をつぶせました。

 

アテネ→ブダペスト

15:50 ブダペスト行きエーゲ航空  A3878便 アテネ・エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港定刻発

エーゲ航空 座席
A320で内装は先ほどの飛行機と同様でした。

離陸後すぐ、アテネ市内上空を通過し、パルテノン神殿を目にすることが出来ました!

通路側の席だったのでよく見えませんでしたが、これだけで結構ギリシア行った気になれました。

今回も機内食があり、トマトソースのパスタでした。

 

16:30 ブダペスト リスト・フェレンツ国際空港着

預け荷物もなく、シェンゲン圏内移動のため入国審査もなくすぐにバス乗り場へ行くことができました。

 

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です